再生エネルギープロジェクト 増田幹弘が太陽光発電協会 会報誌の「スマート保安」特集に寄稿しました

2021年6月14日 お知らせ

弊社の再生エネルギープロジェクトは、2013年のプロジェクト開始以降、太陽光発電の主力電源に向け、保守・点検(O&M)の高度化・高効率化を推進するサービス「SUNSUN GUARD 20」を展開しています。2020年12月には、太陽光発電所のスマート保安に向けアイテス社とシステム共同開発を開始しています。

同プロジェクトを主幹する室長の増田幹弘は、太陽光発電所運営にかかわる豊富な知識と多様な事例、経験から、太陽光発電関係者向けセミナーにて講師も務めています。

このたび、増田は、2025年に法令化されるスマート保安について、一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)より2021年5月末に発行された会報誌「光発電」の特集に寄稿しました。法令化により設備の保守保全が予知保全へと大きく変わり、建設業界にも大きな影響を及ぼすと言われています。

関連リンク

本件に関する問合せ先

野原ホールディングス株式会社
再生エネルギープロジェクト
E-Mail:ssg20@nohara-inc.co.jp