太陽光発電所のスマート保安に向け、アイテス社とシステム共同開発を開始

2020年12月10日 リリース

太陽光発電専用管理システム「SUN SUN GUARD 20管理システム」を提供する弊社と太陽光発電ストリングチェッカー「ソラメンテ-Z」等を提供する株式会社アイテス(所在地:滋賀県野洲市、代表取締役社長:五十嵐靖行)は、太陽光発電所における、設備点検報告書の自動作成及び測定データの自動分析システム(以下、本システム)を共同開発します。AI分析の導入も予定しており、本システムにより、点検業務のさらなる効率化と精度向上を実現します。
私たちは、官民で強力に推進されているスマート保安に対応し、太陽光発電所の安定稼働に貢献します。

共同開発の概要

アイテス社の「ソラメンテ-Z」は、故障パネルの有無をストリング単位で検出することが出来る、ストリングの開放電圧とインピーダンス(抵抗値)測定器です。弊社の「SUN SUN GUARD 20管理システム」(以下、SSG20管理システム)は、太陽光発電専用の保守点検等の管理業務に関するクラウドアプリケーションです。

<システム連携のポイント>

①「ソラメンテ-Z」(測定器)から「SSG20管理システム」に点検データ読み込み
②「SSG20管理システム」で点検報告書を自動出力
(有償で各社フォーマットに変更対応可)
③「SSG20管理システム」にてグラフによる測定結果の見える化
④AIを搭載し、分析も可能に
※概念図は別紙を参照願います。

参考

  • AI(Artificial Intelligence/人工知能)とは
    コンピュータに知的な活動をさせることを目的とする研究や技術。パターン認識、言語解釈、現象の予想、データベースの解析や構築などで利用されます。
  • スマート保安とは
    センサーやIOTなどの先進技術を利用した状態監視技術、予兆検知技術の活用など、保安管理業務の高度化を意味します。

関連リンク

資料

本件に関する問合せ先

【SUN SUN GUARD 20管理システムに関するお客さまからの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
再生エネルギープロジェクト
E-Mail:ssg20@nohara-inc.co.jp

【ソラメンテ-Zに関するお客さまからの問合せ先】
株式会社アイテス
製品開発部 営業課
TEL : 077-599-5040 / E-mail : sales02@ites.co.jp

【本リリースに関する報道関係者からの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社 社長室 (担当:齋藤、青木)
TEL:03-6328-1576