【病院のBCP対策】院外設置の医療用ゲル型仮設ドーム 実物を360度3D動画で公開

2020年6月11日 お知らせ
コネクトドーム外観

山梨県内に試験設置したコネクトドームの外観

コネクトドーム内部

コネクトドーム内の360度3D動画 黄色のマークから関連情報も確認可能

わたしたちは、新型コロナウイルス感染拡大の第2波への医療体制整備(院外での病床確保)の支援として、2020年6月1日より医療用ゲル型仮設ドーム「CONNECT DOME 1.0」(以下、コネクトドーム)を販売しております。

コネクトドームは、院外に仮設したドーム内で医療従事者が集中管理できる個室病床の確保と、効率の良い換気システムによる空気循環が主な特長です。感染患者の命を守る医療従事者の感染リスクを抑え、医療従事者の安全を図りながら治療・看護に集中できる環境を実現します。

今回、コネクトドームを多くの医療従事者、自治体関係者に知っていただけるよう、山梨県内に試験設置した実物を360度3D動画で公開します。
ぜひご覧ください。

コネクトドームの360度3D動画

関連リンク

【病院のBCP対策】院外設置の医療用ゲル型仮設ドームを発売(2020/5/27)

お問い合わせ先

野原ホールディングス株式会社
Reconext(リコネクスト)カンパニー/メディカルプロジェクトチーム
メール: medicalproject@nohara-inc.co.jp