【病院のBCP対策】院外設置の医療用ゲル型仮設ドームを発売

2020年5月27日 リリース
院外設置の医療用ゲル型仮設ドーム

院内が満床で、患者を収容するために病院敷地内の駐車場に仮設されたコネクトドーム

わたしたちは、新型コロナウイルス感染拡大の第2波への医療体制整備の支援として、院外での感染患者(重症患者を含む)の収容および換気・看護動線を考慮したゾーニングによる効率的な治療スペースを確保できる医療用ゲル型仮設ドーム「CONNECT DOME 1.0」(以下、コネクトドーム)を2020年6月1日より発売いたします。

コネクトドームは、ドーム内で医療従事者が集中管理できる個室病床の確保と、効率の良い換気システムによる空気循環が主な特長です。感染患者の命を守る医療従事者の感染リスクを抑え、医療従事者の安全を図りながら治療・看護に集中できる環境を実現します。

説明動画

コネクトドームに関するパートナー企業

WWB株式会社、有限会社ヤマナカ産業 、ローヤル電機株式会社、株式会社トルネックス 、株式会社システム環境研究所
※順不同

資料

お問い合わせ先

野原ホールディングス株式会社
Reconext(リコネクスト)カンパニー/メディカルプロジェクトチーム
メール:medicalproject@nohara-inc.co.jp