BIMobject Japan 日本FLOWと提携~建設のフロントローディング化とBIMオブジェクトの流通増へ~

2022年7月19日 リリース

■日本FLOW×BIMobject Japan 国内仕様「Revitファミリ」を集約した特設ダウンロードページ(無料)

野原グループで 3D デジタルコンテンツのプラットフォーム事業を行う BIMobject Japan 株式会社は、BIM技術チームを強みの一つとする日本FLOW株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:半戸祐次)と、建設産業の生産性向上のカギと言われるフロントローディングとその実現に必要不可欠な建材・設備・家具メーカー各社のBIMオブジェクトの国内流通を目的とした業務提携を2022年6月より開始いたしました。
国内では、国土交通省が「2023年までに小規模工事を除くすべての公共事業にBIM/CIMを原則適用」を決定しています。私たちは、本業務提携により、メーカーオブジェクト作成支援を提案し、オブジェクトの国内流通量増加による設計ユーザーの利便性向上を目指します。

主な業務提携内容

設計ユーザー向け メーカー各社向け
国内仕様「Revitファミリ」を集約した
特設ダウンロードページ(無料)を開設
▼日本FLOW×BIMobject Japan 特設ページ
https://bim-flow.jp/revitfamily/
  • ユーザーニーズの共有
  • BIMオブジェクト作成サービスの提供

今後の展開

BIMobject Japanは、2017年から国内BIMプラットフォーム事業を開始し、グローバル市場で培ったBIMオブジェクト管理や配信ネットワークが強みです。日本FLOWは、日本よりもBIMが5年は進んでいると言われている台湾を中心に、長きに渡りBIM統合案件と多種のBIMプロジェクトに携わった実績を有し、建設業のフルライフサイクルに渡ったBIM統合サービスを提供することを通じた「障がい者の就業課題の解決」を組織発展のコア目標としています。
今後は、両社の強みを生かし、建材・設備・家具メーカー各社が製品カタログと同じ位置づけでBIMオブジェクトを自社で整備しマーケティングに活用しやすい環境の実現にむけ、BIMオブジェクト開発のビジネスモデル構築を目指します。長期的には、日本でも台湾と同じように、高い集中力と細かい作業に長ける方が多いとされる障がい者がBIMオペレーターとして活躍できる場を創出したいと考えています。

参考

  • フロントローディングとは
    フロントローディングとは、国土交通省によれば、初期の工程(フロント)において負荷をかけて事前に集中的に検討する手法です。後工程で生じそうな仕様変更や手戻りを未然に防ぎ、品質向上や工期の短縮化に効果があります。
    【引用元】http://www.nilim.go.jp/lab/qbg/bimcim/bimcim1stGuide_R0109___hidaritojiryomen_0909.pdf
  • BIMオブジェクトとは
    BIMを構成する最小単位で、寸法・形状・仕様・性能・品番などが属性情報として入力された3Dデータで表現されます。

関連リンク

資料

本件に関する問合せ先

【お客さまからの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
VDC事業開発部
e-mail:japan@bimobject.com
【報道関係者からの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
マーケティング部(担当:齋藤)
e-mail:nhrpreso@nohara-inc.co.jp