VR住宅展示場サービス「inTOWN Cloud」 無人営業を実現するセールスボットを搭載し本格始動

2021年4月22日 リリース

弊社のVDC(Virtual Design & Construction)カンパニーは、2021年4月21日からハウスメーカー・ビルダー・工務店(以下、総称して「住宅会社」)及び住宅展示場運営会社向けVR展示場サービス「inTOWN Cloud(インタウン クラウド)」( https://intown.jp/ )を本格開始します。新たに、VR上で住宅取得希望者(以下、お客さま)とコミュニケーションできるセールスボット機能(以下、本機能)をオプションメニューに追加します。
本機能のご利用により、住宅会社は、住宅展示棟の運営費(対面営業の労力を含む)を削減しながら、24時間365日の営業活動が実現します。自社物件のアピールポイントとなる部屋や設備の仕様を漏れなくお客様に伝えられます。また、セールスボットによるスムーズな案内で、お客さま情報(*)を蓄積しながら資料請求や来場予約につなげることができます。
(*)現時点で蓄積できるお客さま情報とは、VR住宅展示棟への訪問履歴、セールスボット閲覧履歴など個人を特定しない集団的な統計情報を指します。
【inTOWN Cloud】https://intown.jp/
【セールスボットの紹介動画】https://intown.jp/beta/movie/salesbot.mp4

セールスボットでできること

VR展示場サービス「inTOWN Cloud」は、住宅会社のマーケティング活動を支援します。

※③は現在開発中です。なお、CVR(コンバージョンレート/Conversion Rateの略称)は、顧客転換率を指し、購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標です。

<セールスボットのおススメな利用例>

利用例 期待できる効果 解決が見込まれる従来の主要課題
1.24時間365日の営業
  • 顧客接点の量と質のアップ
●住宅会社

  • 顧客接点の時間的・物理的制約
  • お客さまへの物件説明が担当者によってマチマチ(属人的な営業)

●お客さま

  • 初対面の営業担当とのやり取りで分かった気分になるが、帰宅後になんとなくモヤモヤ感
2.空間・設備仕様の解説
  • 自社物件の漏れのないアピール
    (優秀な営業担当者のノウハウを反映できる)
  • 対面営業時の説明省略
3.お客さまからの質問・質問への回答
  • お客さま自身による、物件への理解深耕
  • 成約までの時間短縮

■お客さまはゲーム感覚で物件概要を理解できる一方で、住宅会社は次のアクションへの誘導もできる

inTOWN Cloudの概要

VR展示場サービス「inTOWN Cloud」は、実際のモデルハウス・住宅展示棟のバーチャル化からサイト設計といったVR展示場開設をトータルサポートする、住宅産業向けSaaS です。住宅会社・住宅展示場運営会社は、戸建住宅の情報を入手したいお客さまに、物理的・時間的制約なく物件の魅力を高画質コンテンツで伝えられます。

< VR展示場サービス「inTOWN Cloud」の特長>

  • 購入意欲の高いお客さまを自社物件に呼び込み、成約効率を最大化
  • 物理的・時間的制約なく自社物件の魅力を高画質VRコンテンツで紹介
  • アクセス分析(アナリティクス)機能付き
  • 実空間にある住宅展示場の運営費(人件費を含む)を削減

▼サービス内容および料金体系の詳細は、サービスサイトをご覧願います。
https://intown.jp/

参考

  • セールスボット
    「セールス」(営業)と「ボット」(あらかじめ指示された処理などを人に代わって行うシステム)を組み合わせた言葉です。
  • SaaS(Software as a Serviceの略/サースまたはサーズ)
    インターネット経由でアプリケーション機能を提供するサービスの形態を指します。

関連リンク

 

資料

本件に関する問合せ先

【お客さまからの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
VDCカンパニー
e-mail:intown@nohara-inc.co.jp
WEB:https://intown.jp/

【報道関係者からの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
社長室(担当:齋藤)
e-mail:nhrpreso@nohara-inc.co.jp