AIによる図面読み取り自動積算WEBサービス「TEMOTO(テモト)」を開発 本日より無償提供開始

2021年3月30日 リリース

VDC(Virtual Design & Construction)カンパニーは、Webインテグレーション事業を行うZENTA株式会社、人工知能(AI)及び機械学習ソリューションを開発するNexus FrontierTech Ltdと共同で、平面図に記載された情報をAIが読み取り部屋の内法面積等を自動で概算積算しデータ化する「TEMOTO(テモト)」を開発しました。2021年3月30日から一般公開しているベータ版は、どなたでも無償でご利用いただけます。

私たちは、「TEMOTO」(ベータ版)を無償提供することで、データ蓄積・AIの機械学習によりさらなる精度向上を⽬指すとともに、積算担当者の手拾い作業の業務効率化をサポートします。そして、国内建設業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)促進に貢献します。

【TEMOTO ベータ版】https://lp.temoto-ai.jp

AI図面積算WEBサービス「TEMOTO」とは

主な特長

「TEMOTO」は、図面(PDF)をAIが読み取り、部屋の内法面積等を自動で拾いデータ化します。

  1. 図面認識精度は90%以上
  2. 約1時間以内でデータ化
  3. 簡単操作

■TEMOTO_図面選択画面イメージ

■TEMOTO_結果画面イメージ

主な利用例(面積拾いを主とする積算シーン)

  • 総合建設会社 積算部:概算積算
  • 専門工事会社:工事規模感の確認リスト
  • 工務店:小規模物件の見積
  • 不動産管理会社:現状復旧工事の見積取得

今後の展望

  • 機能の改善
  • AIの図面認識精度の向上
  • サービス対象となる図面種類の拡充

サービス開発の背景

  • 積算業務は建設プロジェクトの費用算出等に必須だが、担当者が図面を見ながら地道に手動で面積等を算出する「手拾い作業」が大半で、これに変わる手法がない
  • 積算業務は、後工程の建材発注等にも影響する重要なものだが、作業負荷が多く人為的ミスを誘発しやすい点が課題とされている

参考

  • 内法面積(うちのりめんせき)とは
    建物の床面積を計算する際に、壁の内側の部分の寸法で求められた面積を言います。

関連リンク

資料

本件に関する問合せ先

【お客さまからの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
VDCカンパニー
https://lp.temoto-ai.jp/contact
※AI図面積算サービス「TEMOTO」の問合せページに遷移します。

【本件に関する報道関係者からの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社
社長室 (担当:齋藤、青木)
TEL:03-6328-1576