BIMobject Japan 応用技術㈱と高い汎用性を備えたBIMデータの流通に向けた協業を開始

2021年3月23日 リリース

BIMobject Japan株式会社は、BIMソフト「Autodesk Revit」ユーザーに向けたアドインパッケージ「BooT.one(ブート.ワン)」の開発および運営を行う応用技術株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:船橋 俊郎、以下 応用技術)と2021年3月、BIM普及による国内建設業界の生産性向上を目指して協業を開始することに基本合意しました。

私たちは、本協業により、設計、施工、維持管理の各フェーズで相互運用できるよう、建設プロジェクトの進行に応じて、一貫して使用できるデータとその詳細度を模索しながら、BIMに関するデータ仕様の統一化・標準化と扱いやすいデータの流通により、ユーザーエクスペリエンスやモデル品質の向上、国内のBIM普及の底上げに貢献したいと考えています。

目的

BIMソフト「Revit」の国内ユーザー向けに、より多くの会社間で共通して利活用できる一定のルールに基づき、国内のBIM普及の実態に合った、扱いやすく汎用性のあるBIMデータを作成し、BIMコンテンツプラットフォーム「BIMobject® Cloud」から提供することで、BIMユーザーの利便性向上・設計業務の効率化を目的としています。

背景

国交省がBIM/CIMの原則適用を目指す方針を決定し、ガイドライン(第1版)策定からまもなく1年が経過しようとしていますが、現状は普及に向けた環境整備段階にあります。

国内建設業界は、他国にない独特な発展過程からくる特殊構造があり、課題として実務レベルで使用できるデータの基準が明確化されていないこと、操作の理解不足(運用ノウハウ)、メーカー提供オブジェクトの不足などが挙げられており、国内のBIM普及には、共通基準で作成されたデータの流通によりBIMモデルの汎用性を高める必要があると考えています。

参考

  • BIM(ビム/Building Information Modeling の略称)とは
    建築物のデジタルモデルに、部材やコストなど多様な属性データを追加した建築物のデータベースを持たせ、設計・施工・維持管理の各プロセスを横断して活用するための新しいソリューションです。
  • Revit(レビット)とは
    Revitは、Autodesk社製のBIMソフトウェアです。1つのモデルで意匠・構造・設備設計から施工・管理まで利用できます。
  • BooT.one(ブート.ワン)とは
    BIMの初心者をはじめとする建設従事者誰もがBIMソフトRevitを使えるように、便利コマンド、テンプレート、ファミリ、ガイドライン、トレーニングビデオコンテンツといったBIM導入に必要な要素を網羅したアドインパッケージです。設計事務所・ゼネコンなどで次々に導入が進み、多くのプロジェクトで使用されています。

関連リンク

資料

本件に関する問合せ先

【お客さまからの問合せ先】
BIMobject Japan株式会社 (担当:原田)
E-Mail:japan@bimobject.com

【報道関係者からの問合せ先】
野原ホールディングス株式会社 社長室 (担当:齋藤)
E-mail:nhrpreso@nohara-inc.co.jp