スウェーデンハウス社プレスセミナー「住宅業界のオンライン関連サービスの今後」にグループCEO野原弘輔が登壇

2022年4月20日 お知らせ

左からhomie株式会社 執行役員 木下悠氏、スウェーデンハウス社 代表取締役社長 村井 秀壽氏、弊社 代表取締役社長 野原弘輔

弊社は、2021年、株式会社スウェーデンハウス(以下、スウェーデンハウス社)のモデルハウス室内360度バーチャル内覧サービス「VRモデルハウスウォークスルー」を同社と共同開発いたしました。

このたび、AI(人工知能)を使った音声対応の新機能を共同開発し、2022年5月12日に「VRモデルハウスウォークスルー」に実装するにあたり、2022年4月15日に開催されたプレスセミナー「コロナ禍で普及した住宅業界のオンライン関連サービスの今後」(主催:スウェーデンハウス社)に、弊社代表取締役社長の野原弘輔が登壇しました。

プレスセミナーでは、今後の展望として、AIとデジタルツインを活用した住空間の未来像について紹介しました。

今後も弊社は、スウェーデンハウス社との強固なパートナーシップを礎に、共に住宅産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に貢献していきたいと考えております。

参考

  • デジタルツインとは
    デジタルツインは、モノのインターネット (IoT)、人工知能、機械学習、ソフトウェア分析を空間ネットワークグラフ[6]と統合して、物理的な対応物の変化に応じて更新および変化する生きたデジタルシミュレーションモデルを作成します。
    デジタルツインは、複数のソースから継続的に学習および更新して、ほぼリアルタイムのステータス、作業状態、または位置を表現します。また、過去のマの履歴データを統合して、デジタルモデルに組み込むことも可能です。

関連リンク

本件に関する問合せ先

野原ホールディングス株式会社
経営企画部(担当:齋藤)
TEL:036328-1576