太陽光システム向けO&M(Operation and Maintenance)保安・保全・維持管理システムサービスを開始

2016年2月2日 お知らせ

野原産業株式会社(代表取締役社長 野原数生 本社:東京都新宿区)はこのほど、産業用太陽光発電システム向けO&M(Operation and Maintenance)事業【SUN SUN GUARD 20】を開始しました。
産業用太陽光発電システムはFIT(固定買取制度)を起爆剤にエコ発電からベース電源へと軸足を移行しはじめています。また、100年先まで続く安心・安全でローコストな国産エネルギーとして大きく期待されております。しかし、太陽光発電システムはメンテナンスフリーではありません。モジュールや配線の不具合によるトラブルによって大損失を招くこともあります。そこで、運転開始後の保安、保全活動(O&M)は非常に重要となっており、発電事業者の関心は高まっています。

SUN SUN GUARD 20

【SUN SUN GUARD 20】の特長

野原グループの実績 
発電事業、架台と基礎の設計/製品開発、設置工事、工法開発、部材調達を行っています。
技術商社
長年幅広い製品を手がけてきた経験を活かして、20年間にわたり診断・定期点検から修理までトータルにオペレーションサービスを提供します。
野原管理システム
写真台帳の改ざん/ミス防止や20年間という長期にデータを管理できるシステムをオリジナルで開発しました。
お客様のニーズに合わせた無駄の無いサービス
 簡易無料診断をはじめ、お客様の必要なサービスだけをリーズナブルに提供できます。

今後の事業展開

今後の事業展開

野原太陽光発電システムO&Mサービス【SUN SUN GUARD 20】は2015年で累計約24GW(ギガワット)、2030年には累計64GW(原子力発電所約64基分)と予想される市場に対し、「新しい技術の創出」「事業の永続性、継承」「安全・安心とコストのベストマッチング」をキーワードで、独立系O&M専門企業として2020年に1GWの受注を目指し、発電事業者、金融、投資家、電気主任技術者への活動を中心に市場開拓を開始します。

製品に関するお問い合わせ先

事業開発部
TEL:03-3357-7761
FAX:03-3357-2568
E-mail:ssg20@nohara-inc.co.jp
担当:増田