BIMのデータライブラリーを提供するBIMobjectABと新会社設立に向けた契約締結のお知らせ

2017年10月12日 企業情報

野原ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原数生)は、BIMデータライブラリーの「BIMobject®」を世界的に展開するBIMobjectAB(本社:Malmö、Sweden、CEO:Stefan Larsson、NASDAQ上場)と新会社設立に向けた契約を締結いたしました。両社は、年内の新会社設立を予定しています。
野原ホールディングス株式会社ではこれまで、VDCカンパニーにおいてBIM関連事業を展開して参りました。新会社では、BIMobjectABが有するサービスを日本市場において提供していく予定です。

●BIMobjectABの公式サイト

【VDCカンパニーについて】
建築情報のデジタル化で建設事業の最適化を目指す
VDC(Virtual Design Construction)カンパニーは、2016年7月に発足した野原ホールディングス株式会社の社内カンパニーです。設計、施工、維持管理などに関する情報の一元管理を可能にするBIM(Building Information Modeling)を活用し、様々な管理情報が含まれる施工図モデルや検討用3Dデジタルモデルを作成することで、建築情報を「可視化」し、デジタル化、最適化を図り、お客様の業務効率や生産性の向上を目指します。

本リリースに関するお問い合わせ先

野原ホールディングス株式会社 社長室 
担当:齋藤、中島 
TEL: 03-3357-2231